議場に国旗&市旗を掲揚するとの決議案に反対討論をおこないました

本会議のインターネットライブ中継がスタートしました!

東京・生活者ネットワーク新春の集いにて(1/26) 生活クラブ生協の創設メンバーである岩根邦雄さんと、青梅・生活者ネットワーク政策委員長の本多ゆり子さんと記念ショット@中野サンプラザ
東京・生活者ネットワーク新春の集いにて(1/26) 生活クラブ生協の創設メンバーである岩根邦雄さんと、青梅・生活者ネットワーク政策委員長の本多ゆり子さんと記念ショット@中野サンプラザ
 本日、2011(平成23)年第1回市議会定例会が開会しました。
 市長の施政方針演説のほか、議員提出議案として「議場における国旗と市旗の掲揚に関する決議」案の審議がおこなわれました。
 私は、所属する会派 改革クラブを代表して、反対討論をおこないました。討論の内容については、別途ファイルをアップロードしておりますので、そちらをご覧下さい。

 施政方針演説では、生活者ネットワーク相川なみが、2006(平成18)年に一般質問した「民間DVシェルターへの助成」についての予算措置や、同じく生活者ネットワークが力を入れてきた協働の政策について、提案して作成が実現した「協働マニュアル」の活用開始、各課に「協働推進員」を配置し、円滑な事業をおこなうこと、第5小学校の放課後子ども教室の開催日数を週2日間から3日間に拡大すること(実施校の拡大が見送られたのは残念)、高齢者人口増加に伴う介護保険認定申請者増大(出現率14%)に対応するため、介護認定審査会の合議体数を3から4に増やすことで、要介護認定審査の迅速性を確保すること、河辺市民球技場のテニスコート全10面を砂入りの人工芝コートに整備することなど、たくさんの具体的な施策が明らかにされました。

 また、3月17日からは、新年度一般会計予算の審査もおこなわれますが、「特別委員会」方式での審査はこれが最後となります。議会改革の一環で、「予算決算常任委員会」での審査が決定し、改選後の9月議会の決算審査から、常任委員会として審査に取り組むことになります。これまでできなかった予算や決算をめぐる議会としてのチェック・修正機能が発揮されることを期待したいと思っているところです。
 残念ながら、インターネットライブ中継は、本会議のみの対応となっているため、予算審査については、直接傍聴にお出かけ下さい。4月の市議選に向けて、議員の働きぶりをぜひチェックしに来て下さい。

添付ファイル