作成者別アーカイブ: vjadmin

任期満了です

12年間お世話になりました

姉妹都市ボッパルトの市議会議員が来青した折に、懇談しました。
姉妹都市ボッパルトの市議会議員が来青した折に、懇談しました。
 議員の任期も、本日付で満了となります。
 1999年の統一地方選挙で、1949票で初当選以来、2003年には2239票、2007年には1582票で市議会に送り出していただきました。36歳だった私も、48歳になりました。小学生だった二人の子どもたちも、社会人と大学生に成長し、それぞれ生き活きと人生を歩んでいます。夫は、相変わらずのんきそうな風貌でスポーツ三昧の週末を過ごしていますが、白髪も増えてそれなりに過ぎてきた歳月を感じさせています。

 一般質問の回数は、全48回。平均して1回の一般質問につき、2〜3項目の質問に取り組んできました。(実は、過去の質問通告一覧を作成してあったのですが、そのデータをどこに保存したかPC内で発見できず。)
 一般質問の内容は、政策に掲げた分野を中心にしつつ、法改正など国の動きに連動して、緊急に市の対応を確認しておかなくてはならないと判断した問題や、生活者ネットワーク全体の動きとして取り上げた問題、そして何より、市民と一緒に調べ、議論し、視察にも行って取り組んだ問題など、多岐にわたりました。質問の準備として、学習会を開いたこともありましたし、講演会や見学会の企画を行ったりもしました。市民が参加する公開型の担当課ヒアリングなどもをおこないました。もちろん、子ども政策を提案した時には、公園や夏の市民プールなどに出向き、子どもから直接意見を聞き取るアンケートにも取り組みました。
 学習会や講演会や調査活動についてレポートで報告させていただき、一般質問が済んだあとには(議会報告として)、市とのやり取りを報告させていただきました。これまでの、「生き活き通信」と「相川なみのまちづくり報告」のバックナンバーをファイリングしてあるのですが、振り返りますと、本当に私たち青梅・生活者ネットワークの活動の記録として、良く頑張ってきた足跡がうかがえ感無量です。(自画自賛で恐縮です。すみません、HPの充実は今後の課題です。)

 また、青梅市議会の予算・決算審査特別委員会は、質疑に時間制限や回数制限がないため、長い時には約1時間にわたり(特に民生費とか衛生費、教育費といった款を中心に)質疑を独占してしまったこともあります。委員長から「もうこれくらいで」と仕切りが入っても「最後にもう一回」と粘ったこともありました。
 今となっては懐かしく思い出されますが、多様な担い手で都市農業を守るという観点で「援農ボランティア」のことを質疑すると、ヤジが飛びました。また、学校給食のテーブルクロスや箸・箸箱配付コストのこと、箸は自己管理から、食器として市が管理すべきという考え方について、およそ10年連続(?)くらいしつこく質疑したのですが、そのたびに議員から「またか〜」というような失笑がもれ、答弁も判で押したようないつもお決まりの…というシーンが走馬灯のように浮かびます。(笑)でも、その後、箸が給食センター管理となり、先割れスプーンが廃止されました。テーブルクロスの配付が新年度でどうなったか、最後の予算審査は計画停電対応で時短となったため確認せず終わってしまいましたが。

 ずっとご支援下さった市民の皆さま、青梅・生活者ネットワークの仲間たち、そして任期の最後まで、同じ会派の同志として力を合わせ、助け合ってきた山井議員と木下議員…私には、このように多くの皆さまとの関係を大切にできたことが、何より財産だったと思えます。
 
 また、議会と執行機関(市長と補助職員)という善政を競い合う緊張関係にあっても、お互いのプロとしての仕事ぶりには敬意を払う気持ち、善政をめざしているという意味において、互いが信頼すべきカウンターパートであるという認識で活動してきました。 

 意は尽くせないので、続きはPartⅡをご覧いただければと思います。

がんばんべー!

いよいよ告示です

旧庁舎の議場の自席にて、解体前に最後の記念撮影をしました。窓が大きく、自然光を生かせるつくりの明るい広がりを感じる旧議場の方が、私は好きです。
旧庁舎の議場の自席にて、解体前に最後の記念撮影をしました。窓が大きく、自然光を生かせるつくりの明るい広がりを感じる旧議場の方が、私は好きです。
 私の任期も、残るところ1ヶ月を切りました。私にとって最期の議会となった3月定例会の会期中に東日本大震災が発生し、青梅市をはじめ、市議会も予算審査特別委員会を超短縮日程に変更して運営するなど、市全体が、計画停電や被災地支援などに対応するため、平常と異なる態勢となりました。
 震災から1ヶ月以上経ちましたが、依然として不自由で衛生状況の良くない避難所生活を送られている方がいるという報道がありました。避難所の約3割で、被災後一度も入浴できていないとか。ニュース番組では、自衛隊が設営した入浴施設を利用する様子が報道されていたので、全体が改善されてきているのだと思ってしまいがちですが、まだまだ現場は過酷な状況が続いているのだとわかり、原発震災の深刻な状況と対応のまずさも含め、改めて政治が問われていると感じます。そして、1日でも早く仮設住宅などへの移転が叶うことを、心からお祈りいたします。

 さて、明日17日には青梅市議会議員選挙が告示され、選挙戦がスタートします。震災から1ヶ月経ち、計画停電もしばらく実施されないことがわかり、JR青梅線も平常通り運行していることから、市民の生活もだいぶ落ち着いてきたと感じています。

 しかし、今回の東日本大震災は、原発を始め、復興の前提となる社会経済のしくみやエネルギー政策について、私たち一人ひとりがしっかり考えて、これからの方向性を見極めていくことを求めているように思えてなりません。

 自粛という流れができ、「被災地のことを思えば」という声が上がれば、誰も面と向かって反対できない空気がいっきに全体を覆ってしまう…
 被災された方の苦しみに共感性を持ち、支え合っていくということと、自分たちの生活は生活として営み、回せるところで経済を回して行くことで日本全体の活力を維持することは矛盾しない…

 選挙カーの使用をめぐって、インターネットでは様々な意見が聞かれますが、生活者ネットワークと本多ゆり子は、有権者の皆さまに政治姿勢と政策で選んでいただくためにも、これまでと同様に選挙カーを走らせます。
 ただ、ガソリン不足で市民生活が大変影響を受けたこともあり、ガソリン代の公費助成は受けません。

 今般の大震災をめぐり、現政権の災害対応への不信感が広がっていますが、政治姿勢、そして政策で政治家を選ぶことが今ほど大切な時はないのではないでしょうか。
 知名度の低い新人でも、政策や政治理念をしっかり訴えることで、立候補を決意したその責任をきちんと引き受けていけるよう、配慮しつつ選挙カーを活用して参りたいと思います。

 私は、生活者ネットワークの政治理念や政策をしっかりと新人につないでいくために、明日から1週間の選挙戦に全力で取り組んで参ります。

 本多ゆり子予定候補者は、辻々でのスポット遊説をできるだけたくさんおこなう予定です。お近くをお通りの際には応援のほど、よろしくお願いいたします。

 
 

未曾有の大震災によせて Vol.2

一部のツイートを掲載します

3月13日(日)

原発のことばかり続くが、注水冷却のためのディーゼル発電機が使えなかったのは津波の影響だとの情報が。原発は大量の水を使うので海沿いに建設する。ひとたび大地震が起きれば津波被害は避けられないので、稼働40年の老朽化も含め、あらかじめ予定された条件下にあったということなのかな・・・
posted at 00:14:15
 お天気がしばらく安定していますように。できるだけ暖かい日が続きますように。余震が早くおさまりますように。原子炉の安全が確保できますように。知りたい情報が知りたい人に必ず届きますように。家を失った人に少しでも早く仮設住宅が用意されますように。大切な人を亡くされた人に・・・
posted at 01:16:33
 被災地の病院では、自家発電機に必要な軽油が入手困難とのツイートあり。灯油やガソリンの流通がだんだん厳しくなっている模様。政府や自治体・業界は優先度を整理して、電力や燃料を「選択と集中」で必要なところに届けてほしい。
posted at 12:09:55
 いまも放射性物質が拡散する格納容器の近くで作業に追われる関係者がいる。緊急事態発生時に、関係者に命を差し出していただかなくてはならないような発電手段について、恩恵に預かる私たちは再考せざるを得ないと思う。
posted at 13:15:59
 どうやら青梅市内のGSは売り切れ続出の模様。わが家も給油できなかった。(幸いまだタンクには比較的残ってる)バスやタクシーの燃料確保はどうなるんだろう。
posted at 14:17:49
 海水と一緒に格納容器に注入されている(はずの)ホウ素(ボロン)は、中性子を吸収するものだそうです。まぁそれはともかく、政府は、市民のリテラシーを信じて原発緊急事態への対応や被害などについて、詳しい情報を速やかに明らかにしてほしい。
posted at 15:08:27
 先ほど、議会事務局を通じて市の状況と対応について連絡が入りました。青梅市域における停電対応は、14日(月)の正午〜17時までの間のうちの3時間を予定。本日21時までに詳細確認ができた場合は本日中に防災無線で市民へ周知。それ以降に確認された場合は、明朝7時頃までに周知とのことです。
posted at 20:59:06
 【青梅市の支援体制】市立総合病院DMAT(医師2人、看護師1人)東京消防庁緊急消防援助隊として青梅消防署員とともに宮城県に派遣。(3/12 13:34出発)
posted at 21:06:15
 【青梅市計画停電情報】青梅市域における停電対応は、14日(月)の正午〜17時までの間のうちの3時間を予定。本日21時までに詳細確認ができた場合は本日中に防災無線で市民へ周知。それ以降に確認された場合は、明朝7時頃までに周知とのこと。東京電力より青梅市へ連絡あり。議会事務局→議員へ
posted at 21:12:46
 青梅市も計画停電の対象エリアに入っています。毎日が流したPDFの情報は間違いです。URLもすでに削除されています。詳細はすぐにべっとツイートします。 @kumacotica
posted at 21:20:59
 【青梅市民の皆様へ 確認情報】ただいま防災安全部に確認したところ、PDF情報は間違いであり、青梅市も計画停電の対象地域となっています。14日(月)12:00〜16:00くらいの間で停電があります。この後、防災無線や登録者へは携帯メールで広報されます。市のHPもご覧下さい。
posted at 21:23:14
 【青梅市民の皆様へ 確認情報】15日(火)以降の停電予定時間については、前日の17時くらいに東京電力立川支店より青梅市に連絡が入るとのことですので、その都度、時間が変動致しますので、青梅市からの広報を注視して下さい。
posted at 21:31:47

未曾有の大震災によせて Vol.1

一部のツイートを掲載します

3月11日(金)

 福島第一原発、3基のうちすでに冷却がうまくできなくなりはじめた1基あるとのこと。避難命令が出ている。発電車を配備するも、接続がまだらしく。そういう作業って、どこの会社の誰が担っているんだろう。放射能が漏れだすかもしれない現場で。
posted at 22:00:47
 ハイテクの遮断装置は働いても、ディーゼル発電の不具合で電力供給できずに冷却に支障をきたしているらしい。なぜディーゼル発電が使えないのだろうか。
posted at 22:25:08
 首都圏でも、停電の可能性があるようなので、懐中電灯を手元に置く、ダイナモの手回し充電器ラジオなどもわかるところに出しておこう。あ、お湯もたっぷり用意しておこう。被害の甚大な地域の皆様には、心よりお見舞い申し上げます。
posted at 22:32:57
 NHK教育で、安否情報伝言を流しています。伝言を申し込みたい方は、03-5452-8800または、050-3369-9680まで。
posted at 23:43:11
 【青梅市内の状況】青梅市防災安全部より−14:46第1号注意体制発令。消防団により被害情報収集、連絡活動及び広報活動を実施。人的被害なし、火災等なし、一部公共施設において壁のクラック、物の落下、ガラス等の破損、施設内エレベーターが停止との報告あり。国道、都道、市道の被害報告なし。
posted at 23:58:22

3月12日(土)

【青梅市内の状況その2】電柱の破損報告1件あり。ただし東京電力による対応済み。引き続き情報収集に当たっています。
posted at 00:00:28
 枝野官房長官会見−余震も相当大きいものがくる可能性もあるので注意されたい。津波は1日以上は予想されているので引き続き注意が必要。在日米軍に支援要請した。原発関係について、注水不能な状態続くも放射性物質の漏れはないが、近隣住民には退避の指示。避難民輸送用に21台のバス派遣中。
posted at 00:24:33
 【多摩川競艇情報】「ダブル優秀tvkカップ3/10〜3/14)は、本日以降の開催を打ち切りと致します。地震による被害の甚大性、余震への警戒が必要なこと、交通機関が完全復旧していないこと等を考慮し関係団体と協議の上決定したものです。よろしくご了承のほどお願い申し上げます。(市広報)
posted at 11:59:15
 第一号機は、1971年3月に営業運転開始。40年前に建設された古い原発。ディーゼル発電機が稼働しなくて冷却に支障をきたした件も経年劣化や保守管理点検等の如何に影響されていることが想定され、うなずける。全国の他の古い原発は大丈夫なのか。
posted at 14:52:59
 いま起きている地震に起因した原発の問題は、原発推進か反対かという立場はとりあえず横において、みんなが直面した深刻な事実として受け止め、できることに一丸となるほかないと思うのだけど。
posted at 15:48:15
 稼働から40年という古い原発。注水のためのディーゼル発電機が作動しなかった原因は何なのか。操作ミスか、老朽化か、点検の怠慢か。注水しても水位が下がった原因は蒸発だけか。経年劣化による亀裂などは?巨大地震だったことはあるが、他の原発の安全性や今後のことを考える上で大事なことかなと。
posted at 19:27:47
 爆発は水素爆発。建屋が破壊されたが格納容器は無事。炉心溶融がおきていることを東電は否定していない。臨界がおきないよう海水とホウ素を注入して対策を講じるとの記事。http://www.asahi.com/special/10005/TKY201103120521.html
posted at 23:51:27

議場に国旗&市旗を掲揚するとの決議案に反対討論をおこないました

本会議のインターネットライブ中継がスタートしました!

東京・生活者ネットワーク新春の集いにて(1/26) 生活クラブ生協の創設メンバーである岩根邦雄さんと、青梅・生活者ネットワーク政策委員長の本多ゆり子さんと記念ショット@中野サンプラザ
東京・生活者ネットワーク新春の集いにて(1/26) 生活クラブ生協の創設メンバーである岩根邦雄さんと、青梅・生活者ネットワーク政策委員長の本多ゆり子さんと記念ショット@中野サンプラザ
 本日、2011(平成23)年第1回市議会定例会が開会しました。
 市長の施政方針演説のほか、議員提出議案として「議場における国旗と市旗の掲揚に関する決議」案の審議がおこなわれました。
 私は、所属する会派 改革クラブを代表して、反対討論をおこないました。討論の内容については、別途ファイルをアップロードしておりますので、そちらをご覧下さい。

 施政方針演説では、生活者ネットワーク相川なみが、2006(平成18)年に一般質問した「民間DVシェルターへの助成」についての予算措置や、同じく生活者ネットワークが力を入れてきた協働の政策について、提案して作成が実現した「協働マニュアル」の活用開始、各課に「協働推進員」を配置し、円滑な事業をおこなうこと、第5小学校の放課後子ども教室の開催日数を週2日間から3日間に拡大すること(実施校の拡大が見送られたのは残念)、高齢者人口増加に伴う介護保険認定申請者増大(出現率14%)に対応するため、介護認定審査会の合議体数を3から4に増やすことで、要介護認定審査の迅速性を確保すること、河辺市民球技場のテニスコート全10面を砂入りの人工芝コートに整備することなど、たくさんの具体的な施策が明らかにされました。

 また、3月17日からは、新年度一般会計予算の審査もおこなわれますが、「特別委員会」方式での審査はこれが最後となります。議会改革の一環で、「予算決算常任委員会」での審査が決定し、改選後の9月議会の決算審査から、常任委員会として審査に取り組むことになります。これまでできなかった予算や決算をめぐる議会としてのチェック・修正機能が発揮されることを期待したいと思っているところです。
 残念ながら、インターネットライブ中継は、本会議のみの対応となっているため、予算審査については、直接傍聴にお出かけ下さい。4月の市議選に向けて、議員の働きぶりをぜひチェックしに来て下さい。

添付ファイル